/

2021年の投信、9割近くが運用益に

2021年の投資信託の運用成績は全般に堅調だった。国内公募の追加型株式投信(上場投資信託=ETF、ラップ・SMA・DC専用、ブルベア型を除く)を対象に、1年間の運用成績を調べたところ、プラスのリターン(分配金再投資ベース)を上げたファンドが9割近くを占めた。

個別ファンドを年間のリターンでランキングしてみると、首位は三菱UFJ国際投信が運用する「eMAXIS Neo バーチャルリアリティ」で、85.4%のプラスだった。日本を含む世界のバーチャルリアリティー(仮想現実)関連企業の株式に投資する。過去3年のリターンも361.5%と好成績を上げている。21年11月末時点の組み入れ銘柄上位には画像処理半導体のエヌビディア、電子部品メーカーのシナプティクスなど米国企業が並ぶ。

2位は「UBS原油先物ファンド」のプラス80.1%。原油先物相場の上昇を受けて値上がりした。3位はベトナム、4位はインドと新興国株式に投資するタイプが続いた。

一方、年間のリターン最下位は大和アセットマネジメントの「トルコ・ボンド・オープン(毎月決算型)」で、39.4%のマイナスだった。トルコ債券の価格と通貨トルコリラの下落が響き、運用成績の悪化が続いた。下位ランキングにはトルコ関連ファンドが多く入った。

(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン