/

5月6~14日の新規設定ファンド

5月6~14日に予定されている国内公募投資信託の新規設定は8本(4月23日時点の判明分)。SBIアセットマネジメントは5月7日に「SBI国内大小成長株ファンド<愛称:大小>」を設定する。国内の株式を実質的な投資対象とし、大型株50%、小型株50%を基本にプラスマイナス10%の範囲で投資割合を変更する。国内の運用実績のあるファンドに投資を行い、大型株は「スパークス・厳選投資ファンドFF(適格機関投資家専用)」、小型株は「SBI中小型成長株ファンド-ネクストジャパンFF(適格機関投資家専用)」に投資する。SBI証券1社で販売する。

10日には、三井住友トラスト・アセットマネジメントが「次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(予想分配金提示型)<愛称:THE 5G(予想分配金提示型)>」を設定する。2017年12月から運用されている「THE 5G」の毎月決算型となり、基準価格の水準によって支払う分配金が決まる。通信技術の発展によって業績面での恩恵が見込まれる、日本を含む世界の企業の株式に投資する。

14日には日興アセットマネジメントが20年7月から運用する「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド<愛称:ゼロ・コンタクト>」の「予想分配金提示型」を設定する。世界のデジタルトランスフォーメーション(DX)関連企業のうち、今後の成長が期待できる「ゼロ・コンタクト・ビジネス(非接触型ビジネス)」を手掛ける企業に投資する。

(QUICK資産運用研究所 小山乃正)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン