/

外貨保険で運用益、顧客の8割弱 初のKPI集計

投信観測所

外貨建て一時払い保険を取り扱う金融機関の「共通KPI」(成果指標)が新たに導入され、2022年3月末基準の開示データがほぼ出そろった。投資信託では18年に先行して公表が始まったが、保険での開示は今回が初めて。QUICK資産運用研究所が集計したところ、主要な銀行・証券で契約した外貨建て保険を保有している顧客のうち、今年3月末時点で運用評価益を確保した顧客は8割弱だった。

外貨建て保険、共通指標は2つ

金融庁の求めに応じ、外貨建て保険の販売会社が公表した指標は「運用評価別顧客比率」と「銘柄別コスト・リターン」の2つ。今年で5回目を迎えた投資信託の共通KPIは「銘柄別リスク・リターン」を加えた3つの指標で構成されるが、保険は必要なデータが蓄積されていないなどの理由で今回は導入が見送られた。

2つの指標で保険顧客の何割が利益を得たのかを明らかにし、コストに見合った成果を上げているかを測定する。より大きな目的は、外貨建て保険の実態の「見える化」を後押しし、顧客が金融商品や販売会社を比較選択しやすい仕組みを整えることだ。すでに共通KPI公表の流れが浸透している投資信託に続き、外貨建て保険にも対象を広げ金融機関に「顧客本位の業務運営」の徹底を促す。

運用益の顧客増、円安が後押し

QUICK資産運用研究所が大手銀行9行、地方銀行・第二地方銀行25行(22年3月末の決算資料で保険残高を公表している残高上位)、大手証券5社を対象に集計したところ、22年3月末時点で運用評価がプラスの顧客割合の平均(単純平均)は76.5%だった。対象先が異なるため単純比較はできないが、金融庁が昨年6~11月末基準で試算した主要行等9先と地域金融機関(地銀・信金)25先の合算ベースが60%だったことを踏まえると、その後の円安進行によって運用益の顧客が増えたと考えられる。

運用評価率の区分ごとの分布状況を業態別に集計したのが図Aだ。評価損益がプラスの顧客割合の平均は大手銀行が81.5%、地銀・第二地銀74.3%、大手証券78.5%。いずれの業態も「0%以上+10%未満」「+10%以上+30%未満」の区分に3~4割が集中しており、大きな違いは見られない。

個別で最高9割超、相応のバラツキ

図Bには、業態別に評価損益がプラスの顧客割合が高い順にランキングした。大手銀行ではあおぞら銀行が92.3%で最も高く、三菱UFJ銀行の74.0%が最も低かった。地銀・第二地銀では山口銀行の86.8%から大垣共立銀行の60.6%まで、大手証券では大和証券の88.6%から三菱UFJモルガン・スタンレー証券の70.0%まで、各業態とも相応のバラツキが見られた。

「銘柄別コスト・リターン」に関しては、対象が3月末時点で顧客が5年以上保有している契約に限られる。図Cで販売会社ごとに各銘柄のコスト・リターンを加重平均した数値を集計しグラフ化してみたが、コストとリターンの関係に明確な傾向はなかった。

指標の比較には留意点も

投資信託に続き外貨建て保険でも開示が始まった共通KPIだが、評価・分析する際には注意が必要になる。例えば、運用評価率には契約時点の為替レートや外貨の金利水準が影響するほか、早期に解約するほど解約控除費用が高くなる場合が多いため、契約からの経過年数の違いでも差が生じる。今回の集計で確認できた各社の数値の差は、販売時期とその時々の販売量の違いによるところが大きいと考えられる。

また、商品性が異なる投資信託と比較する場合も注意が必要だ。保険には死亡保障などの保障機能がついているが、指標にはこれが反映されない。各数値の定義にも違いがあり、単純比較は適切でないと金融庁も留意を促している。顧客がより有益な情報を得られるよう、来年以降は各指標の変化などに関する要因分析も含めた開示を期待したい。

(QUICK資産運用研究所 長沢敏夫)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン