/

つみたてNISA3年半、コツコツ続けた成果は?

投信観測所

(更新)

つみたてNISA(積み立て型の少額投資非課税制度)が2018年1月にスタートしてから3年半あまりの月日がたった。導入当初に積み立て投資を始めていたら、いったいどれだけの運用成果になったか、今年7月末時点で計算してみた。

含み益、最大70万円に

算出対象は、国内公募の追加型株式投資信託(上場投資信託=ETFを除く)のうち、18年1月末時点でのつみたてNISA採用分。それ以降に設定されたファンドなどは含まない。

積立期間は18年1月から21年6月までの42カ月。年間の非課税枠40万円を最大限活用できるように、毎月3万3333円分を購入した場合を計算した。毎月月末の基準価格でコツコツ買い続けたと想定し、それぞれ21年7月末時点で運用損益を評価した。

月に3万3333円ずつ、3年半で積み上げた元本は合計で約140万円になる。含み益が最も大きかったのは「楽天・全米株式インデックス・ファンド<愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式)>」で、70万円ほどになった。このファンドは米国の株式市場の動きに連動する成果を目指し、大型株から小型株まで広く分散投資する。

米国株ファンドが上位占める

含み益のランキングは、5位までを米国株式に投資するファンドが占めた。6~10位には、日本を除く先進国株式の値動きを示す「MSCIコクサイ・インデックス」に連動するインデックス型(指数連動型)が並んだ。

ここでは上位10本だけをランキングにしたが、計算した140ファンドはすべて含み益になった。最下位は「東京海上・円資産インデックスバランスファンド<愛称:つみたて円奏会>」の2万7287円。140本のうち136本は含み益が10万円以上あった。

(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン