/

この記事は会員限定です

株安「破滅博士」の警鐘 守り固める増資戦略

[有料会員限定]

9日の日経平均株価は2万8000円を割り込み、下げ幅は一時600円を超えた。新型コロナウイルスの変異や米中デカップリング(分断)、忍び寄るスタグフレーション(景気停滞とインフレの併存)など不確実性を、投資家は再び意識し始めた。一寸先は闇か夜明けか分からない時代。そうした中、守りと攻めに備えるべく増資に動く企業が目立ってきた。

2015年8月の世界株安、「チャイナ・ショック」再来への警戒が強まってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン