/

日経平均続落、終値44円安の2万7655円 景気減速を懸念

(更新)

26日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比44円04銭(0・16%)安の2万7655円21銭で終えた。世界景気の減速懸念を背景に運用リスクを回避する売りが先行したが、間もなく下げ渋り、上げる場面もあった。米連邦公開市場委員会(FOMC)などのイベントを控えて相場の方向感が出にくかった。

内閣府は25日、2022年度の実質成長率見通しについて、中国・上海のロックダウン(都市封鎖)やウクライナ危機に伴う物価上昇などを背景に大幅に引き下げた。これから発表が本格化する国内の企業決算への警戒も残り、相場の重荷になった。

国内で新型コロナウイルスの感染が急拡大していることや、25日に国内で初めてウイルス感染症「サル痘」の感染者が確認されたことも、投資家心理を下向かせた。

日経平均の下げ幅は一時160円を超えたが、200日移動平均線(2万7570円、26日時点)を下回ると下げ渋った。イベントを前に持ち高を一方向に傾けにくく、午後は様子見気分が一段と強まった。

市場では「これまで上値抵抗になることが多かった200日移動平均線を上回るなかでの薄商いは、戻り売り圧力の弱さのあらわれ」(国内証券のストラテジスト)との見方もあった。

東証株価指数(TOPIX)は小幅に続落し、終値は前日比0・04ポイント(0・00%)安の1943・17で終えた。

東証プライムの売買代金は概算で2兆1460億円。売買高は8億6989万株だった。東証プライムの値下がり銘柄数は682と、全体の4割弱を占めた。値上がりは1064銘柄、変わらずは92銘柄だった。

川崎汽郵船が下落した。テルモオムロンも売られた。京王小田急も安い。半面、出光興産INPEXが上昇。コマツ日立建機NTNも買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン