/

銅・木材先物価格が変調 米インフレ論議に一石

国際商品市場に異変が生じている。銅・木材価格の反落傾向が鮮明なのだ。

ロンドン金属取引所(LME)の銅3カ月先物価格は5月に1万500ドル台を突破したが、その後1万ドルを割り込む水準まで下落中だ。年初の8000ドル台に比べれば高値圏に留まるものの、市場内では、潮目の変化が感じられる。新型コロナウイルス禍収束後の需要回復を投機的にはやし過ぎたとの反省感が漂う。最大需要国である中国でも広東省ではインド型(デルタ株)ウイルス感染拡大の影響が無視できない。

さらに、中国の商品先物規制強化も効いている。中国の5月生産者物価指数上昇率が前年同月比で9%上昇と、2008年以来の高水準になったことで、当局は価格統制など一段と警戒を強めている。

人民元高により海外投機マネー流入も懸念される。国内では退蔵目的の現物購入も見られるが、これも規制の対象になりそうだ。さらに、主要7カ国(G7)主導の中国包囲網により、市場内の中国孤立不安も高まってきた。

木材先物価格も指標とされる6月限で、5月には1700ドルを超えていたが、直近では1000ドルを割り込んできた。ここでもバブル反省機運が強まっている。市場内では、製材企業などの幹部の保有自社株売却事例が指摘されている。

基本的に住宅市場は堅調が見込まれるが、業界内の木材購入退蔵傾向が強まり、業界在庫が膨張しているのだ。15日に発表された全米住宅建設業協会(NAHB)発表の6月住宅市場指数は81とピークの90から下落した。住宅市場の景況感を示す指標だが、人件費や素材価格上昇が低下要因として挙げられる。

なお、同日発表された米卸売物価指数も前年同月比で6.6%と10年ぶりの上昇幅を記録した。特に供給制約の影響を映す前月比で0.8%上昇とされる。市場はコロナ後の新常態のなかで新たな需給均衡価格水準を模索している段階なのだ。木材先物価格もコロナ前は300~500ドルのレンジで推移していた。急落して1000ドルといっても、長期的に見れば高い水準である。

総じて、生産制約を織り込む過程での買われ過ぎに対する反動現象が顕著だ。インフレに対する寄与度が冷静に見直されている。

果たして米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が言うように「一時的」なのか、あるいは「持続的」なのか。例えていえば、投機買いのドカ雪が表層雪崩を引き起こし、実需という根雪がどの程度あるかを探る展開である。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン