/

日経平均8日続落、終値293円安 米金利上昇が重荷

(更新)

6日の東京株式市場で日経平均株価は8日続落し、前日比293円25銭(1・05%)安の2万7528円87銭で終えた。終値ベースで8月23日以来、1カ月半ぶりの安値となった。8日続落は2009年7月に9日続落して以来、約12年3カ月ぶりとなる。取引時間中に米長期金利が一段と上昇し、成長(グロース)株を中心に売りが優勢となった。朝方は前日の米株高を背景に買いが優勢だったが、午前の中ごろに下げに転じた。

原油高による日本企業のコスト負担増への懸念も重荷となった。米金利の上昇で米株価指数先物が時間外取引で軟調に推移したことも投資家心理を冷やした。後場寄り直後には先物売りが主導する形で日経平均は下げ幅を拡大し、下げ幅は一時500円を超えた。

相場下落で変動率に応じて持ち高を調整するリスクパリティ戦略をとるファンドなどの売りが観測された。「海運株の下落で個人心理が悪化し、損失覚悟の売りにつながっている」(国内証券の情報担当者)との見方もあった。午後の中ごろには好業績が期待できる銘柄に買いが入り、日経平均は下げ渋った。

朝方は買いが優勢だった。前日の米株式市場で主要株価指数が上昇した流れを受け、東京市場でも幅広い銘柄に買いが入った。寄り付き直後には上げ幅が300円を超えた。

前日に真鍋淑郎氏らがノーベル物理学賞を授与されることが決まった。同氏らの研究分野と関係する気候変動問題への関心で再生エネルギー関連銘柄の一角が動意付く場面もあった。

JPX日経インデックス400は8日続落。終値は前日比23・74ポイント(0・14%)安の1万7504・59だった。東証株価指数(TOPIX)は8日続落し、5・84ポイント(0・30%)安の1941・91で終えた。

東証1部の売買代金は概算で3兆7420億円。売買高は16億7382万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1015と、全体の5割弱を占めた。値上がりは1073、変わらずは95銘柄だった。

ファストリソフトバンクグループ(SBG)が年初来安値を付けた。郵船レーザーテクなども安い。一方、三菱UFJや任天堂は上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン