/

日経平均4日続伸、終値290円高の2万8234円

(更新)

8日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、前日比290円34銭(1.04%)高の2万8234円29銭と、この日の高値で終えた。終値で2万8000円を回復するのは3月30日以来およそ2カ月ぶり。前日の米株式相場の上昇を受けて、東京市場でもグロース(成長)株をはじめ幅広い銘柄に買いが入った。円相場が1ドル=133円台前半の円安・ドル高水準になったのが投資家心理を支え、終日高値圏で推移した。

前日の米株式市場で主要3指数がそろって上昇した流れを引き継いで、日経平均は上昇して始まり、200日移動平均(7日時点で2万7939円)を上回る水準で推移。朝方から目先の相場の戻りを見込んだショートカバー(売り方の買い戻し)が進んだ。

米長期金利が日本時間午後の取引で上昇したことで円安・ドル高が進行した。東京市場では輸出採算の改善期待から機械株や自動車株を中心に買いが入った。市場では「米株価指数先物が東京市場の取引時間中に軟調に推移する一方で日本株が下落しなかったのは、円安の恩恵への期待が大きかった」(野村証券の沢田麻希ストラテジスト)との声があった。

日経平均は前日までの3営業日で500円超上昇しており、短期的な利益を確定する売りも出やすかった。3月の戻り高値(2万8252円)近辺では上値が抑えられた。

東証株価指数(TOPIX)は4日続伸した。終値は前日比22.95ポイント(1.18%)高の1969.98だった。

東証プライムの売買代金は概算で3兆101億円。売買高は13億38万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1413と、全体の76%を占めた。値下がりは356、変わらずは69銘柄だった。

三菱商三井物はともに上場来高値を更新。ソフトバンクグループ(SBG)やダイキンが上げた。一方、川崎汽商船三井など海運株の下落が目立った。コナミHD大日印第一生命HDが下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン