/

日経平均、2万9000円回復 1カ月ぶり高値

(更新)

28日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前日比392円70銭(1・37%)高の2万9069円16銭で終えた。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」が南アフリカで見つかり株価が急落する前の11月25日(2万9499円)以来、およそ1カ月ぶりの高値を付けた。前日の米株式市場で主要株価指数がそろって上昇した流れを受け、東京市場でも幅広い銘柄に買いが入った。

前日に主要半導体銘柄で構成する米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が高値を付けたのを追い風に、値がさの東エレクなど半導体関連が買われた。円相場が1ドル=114円台後半まで円安・ドル高が進み、輸出関連株の採算改善への期待も相場にプラスとなった。日経平均の上げ幅は一時400円を超えた。

経済産業省が朝方発表した11月の鉱工業生産指数(速報値)が前月比7.2%上昇した。自動車工業を中心に生産が回復したことから、関連銘柄の買いを誘った。

午後に入って日経平均は伸び悩む場面もあった。節目の2万9000円を意識し、戻り待ちや利益確定の売りも出やすかった。個人による節税目的の損失確定売りも観測された。

JPX日経インデックス400は3営業日ぶり反発。東証株価指数(TOPIX)も3営業日ぶりに反発し、27・12ポイント(1・37%)高の2005・02で終えた。2000を上回るのは16日以来。

東証1部の売買代金は概算で2兆1688億円と5営業日ぶりに2兆円を上回った。売買高は9億5249万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1871と、全体の8割強を占めた。値下がりは252、変わらずは62銘柄だった。

東エレクとレーザーテクが連日で上場来高値を更新。ソフトバンクグループ(SBG)、オリンパスキッコーマンが上昇した。一方、JT、郵船任天堂が下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン