/

9月末の投資信託残高、軒並み減少 運用成績が悪化

国内公募の追加型株式投資信託(上場投資信託=ETF=を除く)を9月末時点の純資産総額(残高)でランキングしたところ、上位20本のうち19本は前月比で残高が減少した。9月単月の運用成績は20本全部がマイナスリターンとなっており、運用成績の悪化が残高減少の主な要因となった。

残高首位は15カ月連続で「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」。9月末の残高は前月より673億円少ない1兆7530億円だった。資金流入は続いたものの、基準価格の下落などが残高減少につながった。残高のランキング4位までは前月と同じ顔ぶれで、いずれも前月より残高が減少した。

残高3位の「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」は前月より792億円少ない1兆430億円、同6位の「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」は761億円少ない6589億円にそれぞれ減少した。両ファンドの残高の減少額は投信全体でも1、2番目に多かった。

上位20本中で唯一、残高が増加したのは残高14位の「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」。資金流入超過に加え、基準価格の下落が小幅にとどまったことが要因だった。

(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません