/

日経平均続落、終値90円安の2万8140円 経済減速懸念で

(更新)

13日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比90円33銭(0・32%)安の2万8140円28銭で終えた。世界経済の減速懸念などから前日の米株式相場が下げ、東京市場でも運用リスクを回避する動きがやや優勢だった。景気敏感株を中心に売りが出て一時は下げ幅が200円を超え、心理的な節目の2万8000円も割り込んだ。ただ下値の堅さから押し目買い意欲も旺盛で、上昇に転じる場面もあった。

国際通貨基金(IMF)は12日改定の世界経済見通しで、2021年の実質成長率を5・9%と前回予測から0・1ポイント引き下げた。日本の成長率も2・4%と前回予測から0・4ポイント引き下げ、投資家心理の重荷となった。

売り一巡後は下げ渋った。CTA(商品投資顧問)など短期筋が先物の買い戻しを進め、日経平均は上昇に転じる場面もあった。国内の新型コロナウイルスの新規感染者は減少傾向が続いており、経済活動の再開期待も一定の支えになった。

午後に入ると日経平均は小安い水準で膠着感を強めた。日本時間の13日夜に9月の米消費者物価指数(CPI)の公表を控え、次第に様子見ムードが広がった。

JPX日経インデックス400は続落。東証株価指数(TOPIX)も続落し、前日比8・85ポイント(0・45%)安の1973・83で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆4039億円で、約1カ月半ぶりの低水準。売買高は11億1180万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1491と、全体の約7割を占めた。値上がりは608銘柄、変わらずは84銘柄だった。

商船三井など海運大手の下げが目立ったほか、スクリン太陽誘電が大幅安となった。AGCや三菱ケミHDも売られた。半面、Jフロントや三越伊勢丹が上昇。フジクラや日揮HDが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン