/

「お客さまにメリットを提供」 広島銀行の中元氏

投信販売の達人

投資信託の販売で着実に成績を伸ばす「達人」がいる。広島銀行本店営業部コンサルティング営業課で働く入行4年目の中元千尋氏もその一人。若手行員の中でトップクラスの成績を収めている。

――初めから仕事になじめましたか。

広島銀行の中元千尋氏

「知識も経験も少ない私がお客さまと何が話せるのかと、最初は気後れしていました。それでもフォローの電話を入れると感謝していただけることもあり、お客さまとの距離がだんだん縮まってくるのを感じました。新人のころからの習慣で毎朝、電話をかける件数など目標を自分に課してから業務に取り組んでいます。そうすることでやる気が湧いて、時間を有効に使えます」

――商品を提案するときに気をつけていることは。

「お客さまの目線に立って話をすることです。つい当たり前のように専門用語を使いがちですが、投資経験のないお客さまには聞き慣れた言葉に言い換えるなど、お客さまに合わせて説明の仕方を変えるようにしています」

――投信販売で大切にしていることを教えてください。

「自分の知識をできる限りアップデートしていくことです。新聞やリポートを読み込んだり、他社の投資信託の販売動向を調べたりして、知識が偏らないように日々情報を集めています。商品提案に慣れてきても慢心せず、資産運用の本はあえて初心者向けのものを読み、どうやったら運用経験が少ないお客さまにもわかりやすく資産運用の必要性を伝えられるかを研究しています」

――仕事への原動力は。

「投資信託は毎日動きがあるからドラマチックで面白いと感じています。基準価格が上下する理由を調べるのが楽しくて、自分が好きだからこそお客さまにもご紹介しようと思えます。負けず嫌いなところも仕事の役に立っているかもしれません。お客さまのニーズに沿ったより良い提案を行うにはどうしたらよいかを意識していて、上司とのロールプレイングなどで提案力を上げる努力は苦になりません」

――印象に残っているエピソードを教えてください。

「投資信託を保有していたお客さまが『増えたお金で欲しかった物を買うことができた』と喜んで報告してくれたことがありました。お客さまが豊かな生活を送るための手助けができる仕事なのだと実感し、すごくうれしい気持ちになりました」

――理想の販売員像はありますか。

「お客さまにどれだけメリットを提供できるかを常に考えられる販売員でありたいです。販売員が自分本位になったら終わりです。自分の目標や営業成績、負けず嫌いな性格はお客さまには全く関係ありません。一番大事なことはお客さまのためにどれだけ動けるかです」

――今後の目標は。

「ファイナンシャルプランナー(FP)1級の資格を取って、税制や相続関連の専門知識も増やしていきたいです。まだまだ知識が足りないと思うので、これからもどんどん勉強してお客さまに信頼してもらえる人になれたらと思っています」

(QUICK資産運用研究所 望月瑞希)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン