/

日経平均続伸、終値295円高の2万7579円

(更新)

9日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比295円35銭(1.08%)高の2万7579円87銭で終えた。前日の米株式相場の上昇を受けて東京市場でも投資家心理が強気に傾いたほか、決算発表を手掛かりにした物色が続いた。上げ幅は一時350円に接近した。

前日の米株式市場では主要株価指数がそろって上昇した。米長期金利の上昇を背景に利ざや拡大期待で金融株が買われたほか、ハイテク株の一角にも堅調な業績を材料視した買いが入った。東京市場でも投資家が運用リスクをとる姿勢が優勢となり、景気敏感株を中心に買いが入った。

国内企業の決算発表を手掛かりにした個別銘柄の物色も続いた。8日に今期の純利益予想を引き上げたJFEや日産自などが大幅高。8日に決算を発表した値がさ株のソフトバンクグループ(SBG)は5・8%高で取引を終え、1銘柄で日経平均を65円押し上げた。

日経平均は2万7600円を上回る水準では利益確定売りや戻り待ちの売りも出た。10日に1月の米消費者物価指数(CPI)の公表を控え、上値追いの雰囲気は次第に乏しくなった。「2万7500~2万8000円の水準はやれやれの売りが出やすい」(国内証券のストラテジスト)との声もあった。

東証株価指数(TOPIX)は続伸し、前日比18.16ポイント(0.94%)高の1952.22で終えた。JPX日経インデックス400も続伸した。

東証1部の売買代金は概算で3兆3824億円。売買高は15億267万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1563と、全体の約7割を占めた。値下がりは544銘柄、変わらずは75銘柄だった。

IHIやAGC、オリンパスが買われた。ネクソンやZHDも上昇。半面、INPEXや出光興産が安い。明治HDや第一三共も売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン