/

日経平均5日続伸、終値174円高の2万6827円

(更新)

18日の東京株式市場で日経平均株価は5日続伸し、前日比174円54銭(0・65%)高の2万6827円43銭で終えた。5日続伸するのは2021年8月30日~9月8日に8日続伸して以来。上げ幅は一時200円を超えた。前日の米国株高を受けて投資家心理が強気に傾いたが、最近の相場上昇が急ピッチだったこともあって上値は限られた。

手掛かりの一つがロシアの債務不履行(デフォルト)回避だ。ロシア政府が16日を期日とするドル建て国債の利払いを実施し、前日の米株式市場で主要指数がそろって上昇。ロシアは今後も元本償還など債務返済の期日が控えるものの、ひとまずデフォルト懸念が後退して東京市場でも一定の相場の支えになった。3月末の配当権利取りを意識した買いも支援材料になった。

もっとも買い一巡後は上値は重く、日経平均は下げる場面もあった。ウクライナ情勢の改善期待などで前日までの4日間で1500円近く上昇しており、戻り待ちの売りや利益確定売りが上値を抑えた。3連休を控えて持ち高を一方向に傾けづらいことも、上値の重さにつながった。

日銀は18日まで開いた金融政策決定会合で大規模な金融緩和策の維持を決めたが、市場の想定通りで相場への影響は限定的だった。

東証株価指数(TOPIX)は5日続伸し、前日比10・26ポイント(0・54%)高の1909・27で終えた。JPX日経インデックス400も5日続伸した。

東証1部の売買代金は概算で4兆1427億円で、2021年11月30日以来およそ3カ月半ぶりの高水準となった。売買高は18億772万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1268と、全体の約6割を占めた。値下がりは826銘柄、変わらずは87銘柄だった。

大平金三井金住友鉱が大幅高。コニカミノルやエプソンも上昇した。ソフトバンクグループ(SBG)や郵船資生堂も高い。半面、マツダ日産自が売られた。小田急や東武も下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン