/

日経平均3日続伸、136円高の2万7970円 米株高を好感

(更新)

27日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前日比136円93銭(0・49%)高の2万7970円22銭で終えた。前日の米株式市場でダウ工業株30種平均など主要3指数が最高値となった流れを受け、東京市場でも買いが優勢となった。調整が続いていた非鉄金属や鉄鋼などの景気敏感株が買われた。上げ幅は一時200円を超えた。

日経平均は伸び悩む場面も目立った。節目の2万8000円前後では上値の重さが意識され、戻り待ちの売りが出た。値がさ株のソフトバンクグループ(SBG)が年初来安値を更新したことも重荷となった。

午後にかけては高値圏で膠着感を強めた。米アップルなど大手IT(情報技術)企業の決算発表を控え、積極的な売買が手控えられた。

JPX日経インデックス400は3日続伸。終値は前日比110・77ポイント(0・64%)高の1万7420・43だった。東証株価指数(TOPIX)も3日続伸し、12・42ポイント(0・64%)高の1938・04で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆9971億円。売買高は9億3897万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1571と、全体の約7割を占めた。値下がりは536、変わらずは84銘柄だった。

レーザーテクトヨタ任天堂が上昇した。一方、楽天グループが急落した。日立やエーザイも安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン