/

この記事は会員限定です

日本株最高値への道 15年の惰眠、覚ますか「脱マスク」

NQN編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

嵐の前の静寂か、それとも復活前の沈黙か。2月の日経平均株価はまれに見る小動きだった。リーマン・ショックから約15年。日本株は歴史的にも正念場を迎えている。日本経済復活の鍵はわれわれ一人一人の自省と、社会や組織を作り直す意思にある。

月間の値幅を前の月の終値で割った日経平均の「変動率」は2月が2.2%。2017年7月(1.3%)以来の小ささで、1989年8月と同水準だ。その先は17年型なら一段高、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません