/

5月31日~6月4日の新規設定ファンド

来週(5月31日~6月4日)に予定されている国内公募投資信託の新規設定は3本。三菱UFJ国際投信は6月1日に「グリーン・テクノロジー株式ファンド<愛称:グリーン革命>」の運用を始める。世界の株式のうち、SDGs(持続可能な開発目標)におけるエネルギーや気候変動などの目標達成に貢献が期待されるグリーン・テクノロジー関連企業に投資するファンドで、為替ヘッジの有無が異なる2本を同時設定する。販売会社はエース証券1社。

同じく6月1日に、ファイブスター投信投資顧問が「MASAMITSU日本株戦略ファンド(DC向け)」を設定する。国内の上場株式に投資する確定拠出年金(DC)専用ファンドで、ファンド名にもその名が示されている運用責任者の分析力を基に、経済環境に応じて銘柄選定や銘柄入れ替えを機動的に行う。

(QUICK資産運用研究所 西本ゆき)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン