/

この記事は会員限定です

凍る半導体株、再編の序章か 時価総額240兆円消失

日経QUICKニュース 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

足りないはずの半導体に突然、供給過剰懸念が浮上し、投資家は凍りついた。在庫循環から数年に一度繰り返される半導体急変の悪夢だ。株式市場は企業業績の悪化を織り込む「逆業績相場」へと局面が変わってきた。

「このところ業界の需要状況は弱まっている」。米半導体メモリーのマイクロン・テクノロジーが6月30日に出した声明にショックが広がった。7月1日の米株式市場で半導体関連は全面安になった。

「ITバブルより...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン