/

ファンドラップ契約資産、野村証券が3兆円超で首位

顧客が金融機関に運用を一任する「ラップ口座」の契約資産額が増えている。日本投資顧問業協会によると、3月末時点で過去最高の13兆7222億円(2021年12月末は13兆5402億円)になった(図表1)。契約件数も135万3137口座(同132万2335口座)と過去最高を更新した。

主に投資信託で一任運用する「ファンドラップ」の契約資産額を販売会社別にみると、3月末時点で最も多かったのは野村証券の3兆1655億円だった(図表2)。2位が大和証券、3位がSMBC日興証券と、富裕層向けの投資一任サービスに強みをもつ大手証券が上位を占めた。

6位に入ったウェルスナビは、個人投資家がスマートフォンなどを使って手軽に運用を始められる投資一任型のロボアドバイザー(ロボアド)を展開する。3月末の契約資産額は6625億円と、ロボアドを主力とする業態では首位だった。契約件数は33万件超にのぼり、全体の中でも断トツに多い。

(QUICK資産運用研究所 西田玲子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン