/

日経平均続伸、終値328円高の2万7172円

(更新)

14日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比328円51銭(1・22%)高の2万7172円00銭で終えた。2万7000円を上回るのは6日以来およそ1週間ぶり。前日の米株式市場で主要株価指数がそろって上昇した流れを受け、東京市場でも買いが優勢となった。米長期金利の上昇一服でハイテクを中心に成長(グロース)株が買われた。

午前の中ごろから日経平均は上げ幅を拡大した。相場上昇で売り方の買い戻しが次第に増えた。中国当局の金融緩和期待や景気刺激策への期待を背景に中国・上海株などアジアの株式相場が堅調に推移したことも追い風となった。

午後の取引開始直後に日経平均は伸び悩む場面もあった。外国為替市場で円相場が対ドルで上げ幅を拡大し、輸出関連株を中心に売りが出た。日経平均が節目の2万7000円を上回る水準では、戻り待ちの売りも意識されやすかった。

東証株価指数(TOPIX)は続伸し、17・99ポイント(0・95%)高の1908・05で終えた。東証プライムの売買代金は概算で2兆3422億円と4日以来の少なさだった。売買高は10億1005万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1346と、全体の7割強を占めた。値下がりは442、変わらずは51銘柄だった。

値がさのファストリソフトバンクグループ(SBG)が買われた。旅客需要の回復期待で空運株の上昇も目立った。INPEXも高い。一方、リクルート三井住友FGはさえない。スノーピークは大幅安となった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン