/

日経平均、3日ぶり反発 新年入りの買い優勢

(更新)

大発会の4日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、昨年末の前営業日比510円08銭(1.77%)高の2万9301円79銭で終えた。終値としては2021年11月25日以来の高値水準となる。前日の米株式相場の上昇などで投資家が運用リスクを取りやすくなるなか、新年入りした機関投資家の買いが優勢だった。

日経平均は午後に上げ幅を500円超に広げた。外国為替市場で円安・ドル高が進んだのに歩調を合わせて、トヨタデンソーホンダなど自動車関連株の買いが強まった。東エレクなど半導体関連の上昇も目立った。市場では「相場全体の上げ下げに左右されにくい、業績期待の高い銘柄への選別色が強まりつつある」(国内のストラテジスト)という声が出ていた。

JPX日経インデックス400は3営業日ぶりに反発した。終値は前営業日比343.09ポイント(1.91%)高の1万8334.06だった。東証株価指数(TOPIX)も3営業日ぶりに反発し、37.89ポイント(1.90%)高の2030.22で終え、21年11月22日以来の高値となった。

東証1部の売買代金は概算で2兆7598億円。売買高は11億993万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1625と、全体の約7割を占めた。値下がりは494、変わらずは64銘柄だった。

東エレク、アドテスト信越化、ソニーG、ファナックが上昇した。一方、ファストリキッコマン、JT、TOTOが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン