/

この記事は会員限定です

日経平均終値、3日ぶり反発 508円高の2万6843円

(更新) [有料会員限定]

13日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前日比508円51銭(1・93%)高の2万6843円49銭で終えた。米長期金利の上昇に一服感が出たことで、グロース(成長)株を中心に買いが入った。中国経済を巡る過度な警戒が後退したとの見方から、景気敏感銘柄の一部への買いにつながった。

12日に発表された3月の米消費者物価指数(CPI)は食品・エネルギーを除くコア指数の伸び率が市場予想を下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン