/

日経平均、5日ぶり反落 終値292円安の2万7241円

(更新)

3日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに反落し、前日比292円29銭(1.06%)安の2万7241円31銭で終えた。前日までの4営業日で日経平均が1300円あまり上昇した後とあって、幅広い銘柄に戻り待ちの売りが出た。前日に大きく上昇したグロース(成長)株の一部が売られ、指数を押し下げた面もある。

主要な米ハイテク株で構成するナスダック100株価指数の先物が日本時間3日の取引で2%超下げ、東京市場でもグロース株の重荷となった。値がさの半導体関連銘柄の下げも目立った。

前日に決算を発表したエムスリーは9%超安、ソニーGは6%超下げた。国内既存店売上高の前年割れが続くファストリは3.7%安となり、指数を押し下げた。3日に決算を発表した川崎汽は13.6%安となったほか、三菱商伊藤忠も決算発表後に下落に転じた。

半面、下値は限られた。米金融政策やインフレ動向をにらみ、相場の変動が大きくなることへの警戒は根強い。相対的にボラティリティー(変動率)が低い銘柄やディフェンシブ銘柄の一部に買いが入った。

JPX日経インデックス400は反落した。東証株価指数(TOPIX)は5営業日ぶりに反落し、16・64ポイント(0・86%)安の1919・92で終えた。

東証1部の売買代金は概算で3兆3546億円。売買高は12億9279万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1469と、全体の7割弱を占めた。値上がりは625、変わらずは89銘柄だった。

東エレクダイキン信越化キーエンスが下落した。一方、KDDIや塩野義ホンダ、JTは上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン