/

日経平均続伸、終値219円高の2万8317円

(更新)

21日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日比219円58銭(0.78%)高の2万8317円83銭で終えた。前日の米株式市場でハイテク株が買われた流れを引き継ぎ、値がさの成長(グロース)株に買いが先行した。日経平均は朝方に上げ幅が一時300円を超えた。半面、緊急事態宣言の延長懸念などで景気敏感株の一角に売りが出て、相場の上値を抑えた。

新型コロナウイルスワクチンを巡る報道が投資家心理に影響した。田村憲久厚生労働相は21日、米モデルナ製と英アストラゼネカ製のワクチンの製造販売を承認。「アストラゼネカ製は当面、接種を見送る方針」と伝わると、相場の上値が重くなった。一方、午後に「米モデルナが国内生産を検討」と伝わると、再び上げ幅を広げる場面があった。

市場では「医療従事者の確保やインフラ整備などの課題があり、ワクチン接種が速やかに進むまで様子見の投資家も多い」との声が聞かれた。

JPX日経インデックス400は3日ぶりに反発した。東証株価指数(TOPIX)は続伸し、8.77ポイント(0.46%)高の1904.69だった。

東証1部の売買代金は概算で2兆3802億円。売買高は10億3796万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1076で、値下がりは1009だった。変わらずは107銘柄だった。

リクルート、サイバーが高かった。AGC、HOYAが買われた。一方、INPEXが大幅安。T&D、東京海上が売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン