/

日経平均、5日ぶり小反落 終値55円安の2万8015円

(更新)

12日の東京株式市場で日経平均株価は5営業日ぶりに小幅反落し、前日比55円49銭(0・20%)安の2万8015円02銭で終えた。前日まで4日続伸していたとあって、上昇が目立った銘柄では利益確定などの売りが優勢となった。主要企業の決算発表がほぼ一巡し、新規の材料を欠くなかで持ち高調整の売りも出やすかった。

朝方は11日の米株式市場でダウ工業株30種平均が上昇したことを受け、運用リスクをとりやすくなったとみた投資家の買いが優勢だった。同日発表の7月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、過度なインフレ懸念が和らいだ。米連邦準備理事会(FRB)が量的金融緩和の縮小(テーパリング)を早期に進めるとの見方が後退し、株の買い安心感につながった面がある。

上げ幅は一時200円を超えたが、その後は利益確定の売りに押されて伸び悩み、後場に入ると下げに転じた。夏休みを控えた市場参加者の持ち高調整も指数を下押しした。東エレクなど値がさの半導体関連銘柄が下げたことも重荷となった。

JPX日経インデックス400は小幅に5日続伸した。終値は前日比1・12ポイント(0・01%)高の1万7587・53だった。東証株価指数(TOPIX)は5営業日ぶりに小幅反落し、0・53ポイント(0・03%)安の1953・55で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆3844億円。売買高は10億4417万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1024、値上がりは1049、変わらずは117だった。

楽天グループは6%安だった。明治HDやサイバー、JR西日本も下落した。一方、川崎汽は大幅高。昭電工第一三共ネクソンも上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン