/

日経平均反落、終値300円安の2万7963円

(更新)

14日の東京株式市場で日経平均株価は反落し、大引けは前週末比300円10銭(1・06%)安の2万7963円47銭だった。前週末に817円高と大幅に上昇していたため、短期的な過熱を警戒した利益確定目的の売りが優勢だった。日経平均への寄与度が高いソフトバンクグループ(SBG)が大幅に下落したことも相場全体の重荷となった。

東京外国為替市場で円相場が一時1ドル=138円台後半まで円高・ドル安が進み、自動車など輸出関連株の一角が売られたほか、訪日客(インバウンド)関連の一角もさえなかった。日経平均は取引終了にかけて下げ幅を拡大し、きょうの安値引けとなった。

朝方は小幅に上昇する場面もあった。前週末の米株式市場で主要株価指数が上昇し、海外短期筋などの買いが先行した。値がさ株の東エレクファストリには積極的な買いが続き、日経平均を下支えした。

東証株価指数(TOPIX)は反落し、20・86ポイント(1・05%)安の1956・90で終えた。

東証プライムの売買代金は概算で3兆8284億円。売買高は14億6035万株だった。東証プライムの値下がり銘柄数は1326と、全体の約7割を占めた。値上がりは471、変わらずは39銘柄だった。

前週末に決算を発表したオリンパスが急落した。任天堂トヨタも安い。一方、日電産資生堂が買われた。レーザーテクが売買を集め、小幅上昇で終えた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません