/

日経平均反発、191円高の2万7993円 2カ月ぶり高値

(更新)

1日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、大引けは前週末比191円71銭(0.69%)高の2万7993円35銭と、高値引けとなった。6月9日以来、約2カ月ぶりの高値となる。前週末の米株式相場の上昇を受けて運用リスクを取りやすくなった投資家の買いが日本株にも優勢だった。半導体関連を中心に直近の好決算銘柄や、これから決算発表を控える銘柄に先回りした買いが広がった。

日経平均は株価指数先物に連動しながらじわじわ上げ幅を拡大する展開となった。米国で米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを鈍化させるとの観測が広がるなか、短期的な株高期待が意識された。中国の経済指標は悪化したが、上海総合指数などが比較的底堅い動きとなったのも心理的な支えになった。

東証株価指数(TOPIX)は反発し、前週末比19.80ポイント(1.02%)高の1960.11で終えた。

東証プライムの売買代金は概算で3兆1015億円。売買高は12億2674万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1486と、全体の約8割を占めた。値下がりは312、変わらずは40銘柄だった。

東エレクアドテスト信越化ダイキントヨタが上昇した。一方、ソフトバンクグループ(SBG)、KDDI、ソニーGが下落した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン