/

空自F15戦闘機が墜落 小松基地を離陸後、洋上に

(更新)

防衛省は31日、航空自衛隊小松基地(石川県)を離陸したF15戦闘機1機が「墜落したと推定される」と発表した。同日午後5時半ごろ、基地の西北西5キロメートル付近の洋上でレーダーから航跡が消えた。乗員は2人で訓練中だった。

空自の救難捜索機や海上自衛隊の艦艇5隻、海上保安庁の巡視船3隻などが夜通しで捜索にあたる。洋上で航空機の外板や救命装備品の一部を回収し、消息を絶った機体の一部と断定した。

機体は戦闘技術の研究などにあたる「飛行教導群」に所属していた。侵攻する側と対処する側に分かれて戦う「要撃戦闘訓練」にあたるため基地を離陸した直後にレーダーから消えた。原因は「確認中」としている。

過去にも自衛隊機の事故は起きている。2019年には空自三沢基地(青森県)所属のF35戦闘機が墜落しパイロット1人が死亡した。同年には空自築城基地(福岡県)所属のF2戦闘機が山口県沖で墜落しパイロット2人が救助された。

F15戦闘機は空自の主力戦闘機で全国に200機程度が配備されている。米国製で1972年の初飛行から半世紀近くたち現在も各国の空軍が使用する。

領空に接近する他国の航空機に緊急発進(スクランブル)をかける任務などに使う。空自によると墜落機は緊急発進の任務中ではなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン