/

首相、星出飛行士と面会 「宇宙に大きな期待」

岸田文雄首相は1日、首相官邸で宇宙航空研究開発機構(JAXA)の星出彰彦飛行士と面会した。「宇宙に大きな期待を持っている。政府としても力を注いでいきたい」と語った。

国際宇宙ステーション(ISS)で中核的な役割を担う米航空宇宙局(NASA)は運用期間を2030年まで延長する調整を進めている。星出氏は「政府も延長について検討し、支援いただきたい」と話した。

星出氏は宇宙滞在でのエピソードを紹介した。宇宙飛行士のバックグラウンドがパイロットや医者、学校の先生など多様化していると説明した。首相は「幅広い方々に宇宙との接点が広がりつつある証明だ」と語った。

星出氏は21年4月から国際宇宙ステーションにおよそ半年間滞在した。14年の若田光一飛行士以来となる日本人2人目の船長を務めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン