/

冬の節電要請、政府が1日に決定へ 数値目標は設けず

政府は12月から2023年3月まで全国の家庭や企業に節電を要請する方針を固めた。11月1日に正式に決める。電力供給の余力を示す「予備率」は最低限必要な3%を全国で上回る見通しとなったものの厳しい状況で、ロシアなどからの液化天然ガス(LNG)の供給が滞る懸念もある。節電に数値目標は設けず、無理のない範囲で呼びかける。

冬に節電を要請するのは7年ぶりとなる。夏場も22年7~9月まで無理のない範囲で協力を呼びかけていた。

電力の予備率は寒さが厳しい場合、東京電力ホールディングス東北電力の管内で23年1月にもっとも厳しくなり、いずれも4.1%となる見通し。安定供給に最低限必要な3%を超えるものの、発電や都市ガスに使うLNGを巡ってはマレーシアや米国でも設備トラブルが起きており、調達に懸念がある。

政府は企業や家庭が一定以上の節電を達成した場合、買い物などに使えるポイントを上乗せする支援策を用意する。LNGの供給の途絶に備え、全国の電力会社や都市ガス会社の間でLNGを融通し合う仕組みも設ける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

電力不足

電力需給の逼迫で夏と冬の電力不足が懸念されています。最新ニュースや解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません