/

21年の企業数は367万社、コロナを受け飲食・宿泊が減少

総務省と経済産業省が31日に発表した経済センサス活動調査(速報)によると、2021年6月時点の全国の企業数は367万4000社、民間事業所数は507万8000カ所だった。調査手法の変更により単純比較はできないが、前回調査(16年6月時点)と比べてそれぞれ5%減った。新型コロナウイルスの影響で、宿泊業・飲食サービス業は42万2000社になり、前回から17%減ったことになる。

コロナ禍の逆風もあり、卸売業・小売業は73万9000社だった。前回の84万2000社から12%減った。デジタル化やテレワークの浸透を背景に、情報通信業は5万6000社と、前回から3割伸びた。電気・ガス・熱供給・水道業は、16年の電力自由化を受けて5倍超の5000社だった。

経済センサスは国内全ての企業と事業所を対象に5年に1度程度調査している。今回から自宅で起業する事例など外観からは確認できない企業、事業所も把握できるよう、国税庁の情報をつかった名簿を基に調査した。確報は9月に公表する予定という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン