/

この記事は会員限定です

農水省、生産段階での温暖化ガス排出量を「見える化」へ

[有料会員限定]

農林水産省は農作物の生産者や食品事業者などの脱炭素化に向けた取り組みを強化する。生産段階での温暖化ガスの排出量を算定できる手法のほか、脱炭素を「見える化」する方策をまとめた手引書を近く公表する。サプライチェーン(供給網)全体で環境負荷を減らすため、企業の取り組みを後押しする狙いだ。

農水省は農林水産分野の脱炭素化に向けた情報公開を促すため、2020年9月に有識者による検討会を立ち上げ、議論を進め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン