/

河野氏、個別接種用のワクチン在庫は「1週間分」

供給の不透明さ解消には自信

河野太郎規制改革相(7月30日)

河野太郎規制改革相は31日、新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、各自治体に未使用のまま残るワクチンの在庫は2500万回分ほどだと明かした。全国で5万5千カ所ほどある個別接種を担う診療所1カ所あたりの平均で1週間分程度にあたるという。

2週間後以降の予約を受け付けにくい量だが、河野氏は8月中に自治体向けに供給する2400万回分の具体的な配分量をすでに示していると説明した。供給見通しの不透明さは解消されており「先々の予約が取れるようになっていると思う」と強調した。31日夜のインターネット番組で語った。

感染力の強いインド型(デルタ型)について「ワクチンだけでどうにかするのは、なかなか厳しい」と指摘した。「マスク、手洗い、距離を取るなど感染対策を皆でしっかりやりたい」と呼びかけた。20代、30代の感染者が増えているとして「ぜひ若い人にも打っていただきたい」とも話した。

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン