/

この記事は会員限定です

自民・石原伸晃氏が落選 平井前デジタル相は比例復活

(更新) [有料会員限定]

衆院選で東京8区から立候補した自民党前職の石原伸晃元幹事長が落選した。小選挙区では立憲民主党新人の吉田晴美氏に敗れた。石原氏は重複立候補した比例東京ブロックでも復活できなかった。

石原氏は1990年の初当選以来、連続10期務めた。党幹事長や経済財政・再生相などを歴任した。自民の派閥、石原派の領袖でもある。

東京8区は公示直前にれいわ新選組の山本太郎代表が立候補をいったん表明した。吉田氏の支持者か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン