/

予備費のための臨時国会召集せず、公明代表

記者会見で答える公明党の山口那津男代表

公明党の山口那津男代表は31日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の予備費を積み増す補正予算案を編成するための臨時国会は召集しないと強調した。「政府・与党で認識は共有されている。次期衆院選を終えるまで残る予備費で十分に対応できる」と説明した。

自民党総裁選は9月17日告示ー29日投開票で、衆院議員の任期は10月21日に満了する。

立憲民主党の安住淳国会対策委員長は自民党の森山裕国対委員長に9月7~16日に臨時国会を開くよう求めている。総裁選や衆院選で政治空白が生じる前に予備費を増額すべきだと提起していた。政府・与党は拒否する方針だ。

立民の枝野幸男代表は31日の党会合で「召集しないのは明確な憲法違反を公言しているということだ」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン