/

この記事は会員限定です

巨額の予備費、どう透明化 専門家に聞く

[有料会員限定]

5月に成立した2022年度の補正予算は、年度当初に支出した1.5兆円の予備費を早速補充した。新型コロナウイルス禍で巨額の予備費の支出が常態化している。運用の透明性を高めるにはどうすればいいか。憲法や財政法、予算制度の専門家に聞いた。

大阪大・片桐直人准教授「財務相の判断根拠の開示を」

橋本行革や小泉政権によって1990年代以降、首相官邸の機能強化が図られた。予算の編成過程は各省庁の要求の積み上げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

国費解剖

財政が悪化する中、危機対応や経済成長を名目に膨らむ歳出には無駄が潜んでいます。不透明な国費の使われ方を解剖します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン