/

国民・玉木氏 参院選の候補一本化「やっていく」

国民民主党の玉木雄一郎代表は31日、連合の芳野友子会長と国会内で会談した。参院選の改選定数1の1人区での野党間の選挙協力を巡っても協議した。玉木氏は会談後、記者団に「連合から候補一本化の意向を受けた。意見を踏まえた上で(候補者の調整を)やっていきたい」と話した。

「比例票をどう積み上げていくかも重要なので総合的に判断しないといけない」とも語った。1人区で野党が競合する例も出てきた。連合は立憲民主党と国民との選挙協力を求める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

参院選2022

2022年夏の参議院選挙(6月22日公示・7月10日投開票)は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となります。ニュースや解説、各党の公約、候補者情報などをお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン