/

この記事は会員限定です

衆院選、10~11月で3案 任期満了か解散か探る

最も遅くて11月28日、総裁選の結果が左右

(更新) [有料会員限定]

菅義偉首相にとって衆院選の日程を巡る選択肢は少なくなってきた。9月29日投開票の自民党総裁選と10月21日の衆院議員の任期満了を控えているからだ。解散に踏み切るか解散せずに任期満了選挙とするかで、日程は10~11月の間で主に3つの案が浮上する。総裁選で首相が再選するかどうかでも変わる。

基本的に衆院議員の任期が切れる前に衆院選を実施する。一定の要件を満たせば、任期が切れた後でも投開票日を設定できる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1436文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン