/

自力退避のアフガン人16人、日本に入国

(更新)

外務省は1日未明、アフガニスタンから出国を希望した国際協力機構(JICA)のアフガン人職員ら16人が9月30日に日本に到着したと発表した。自力で陸路から出国し近隣国に避難したところを日本政府の支援を受けた。

現地職員の3家族の計15人とJICAの留学プログラムで日本に滞在した経験のあるアフガン人1人。日本政府が査証(ビザ)を発給し航空券を手配した。

自力で出国したアフガン人現地職員ら計10人が9月12日、13日に日本に到着している。政府はアフガンの大使館やJICAの現地職員とその家族ら500人ほどを退避支援の対象にする。まだ大半の救出が進んでいない。

政治・外交 最新情報はこちら
Twitterで最新情報を発信

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン