/

3回目接種「来年になる」 河野氏が見通し

衆院内閣委に出席したワクチン担当の河野規制改革相(28日)

河野太郎規制改革相は30日、新型コロナウイルスワクチンの「ブースター」と呼ばれる3回目以降の接種に関し「来年打つことになるのではないかと思う」との見通しを示した。米ファイザー製とモデルナ製の両方とも実施対象になるとした。

ブースターの必要性については世界各国で判断が分かれている。導入を決めたのは変異ウイルスのインド型(デルタ型)の感染が拡大しているイスラエルだけだ。

ワクチンの接種率については「約8割を目指して頑張りたい」と述べた。8割に達すれば集団免疫を獲得できるかどうかについては明言を避けた。接種対象年齢は12歳以上を想定している。

ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんとの、ツイッターの音声会話機能「スペース」を使った対談で明らかにした。〔共同〕

政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン