/

この記事は会員限定です

子ども庁、脱・縦割りへ号砲 有識者に聞く

[有料会員限定]

自民党は17日、菅義偉首相が検討を指示した「子ども庁」創設を議論する会合を開いた。2022年度の発足をめざし、月内の次回会合で政府に出す提言の骨子案を示す方針を確認した。「行政の縦割り打破」を掲げる首相が子育て政策の司令塔と位置づける新組織への期待や教育行政の課題を有識者に聞いた。

小林りん・UWC ISAK Japan代表理事「予算配分の構造、改める契機に」

現在の社会保障給付は高齢者に多く、次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン