/

アストラゼネカ製使用終了 6千万回分キャンセル

厚生労働省は30日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンに関し、供給された全製品の有効期限を迎えたため、この日で使用を終了すると発表した。供給契約を交わした1億2千万回分のうち約6230万回分をキャンセルした。

国内の自治体に配送したのは約20万回分。約1350万回分は有効期限を迎えたため廃棄した。約4400万回分は国際貢献として海外に提供した。キャンセル分については必要経費を除いた金額が返金される見通し。

厚労省は2020年12月に同社との間で供給契約を締結した。原則として40歳以上が予防接種法に基づく接種の対象で、血小板減少を伴う血栓症に注意が必要とされた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません