/

この記事は会員限定です

自民が「積極財政」本部、最高顧問に安倍氏 歳出圧力強める

[有料会員限定]

自民党の財政政策検討本部(西田昌司本部長)は1日、党本部で初会合を開いた。最高顧問に安倍晋三元首相、顧問に高市早苗政調会長らが就いた。2022年夏の参院選を見据え、22年度予算編成に向けて党内の歳出圧力が強まる。

同本部は22年春をめどに提言をまとめる。政府が同年夏にまとめる経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)への反映をめざす。

西田氏は会合で「経済を再生して財政再建というのが安倍政権以来...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン