/

この記事は会員限定です

故・藤井富雄さん(元公明代表) 自公導いた、すごみと笑み 

[有料会員限定]

1997年10月。朝のテレビで見覚えのある民家の門が爆破されたニュースが流れていた。わずか数時間前に夜回りした場所だ。ほどなくして携帯電話が鳴った。「心配かけてしまったなぁ」。事態の深刻さには似つかわしくない明るい声だった。公明代表の藤井富雄氏である。

64年の公明党結党前の政治連盟時代を知る1人。96年の衆院選で敗北した新進党は分裂含みで旧公明党グループの動向に影響を与える人物としてマークした。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン