/

この記事は会員限定です

燃料電池車、二重検査を一本化へ 普及後押し

[有料会員限定]

政府は燃料電池車(FCV)の検査を簡素化する検討に入った。車検と水素燃料タンクの検査を別個にした二重検査を2022年にもやめ、車検に一本化する。30年代半ばまでに販売する新車を全て電動車に切り替える目標に向け、FCV保有者の負担を減らす。

経済産業省の有識者会議が6月にまとめる中間答申に盛り込む。道路運送車両法の車検制度を所管する国土交通省と、水素タンクの扱いを規定する高圧ガス保安法を管轄する経産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン