/

「買いたたき」の実態調査へ 公取委、製造業など22業種

公正取引委員会は30日、人件費や原燃料費の上昇を取引価格に反映しない「買いたたき」などの実態調査を始めると発表した。製造業や食品事業者など22業種を重点的に調べる。独占禁止法の「優越的地位の乱用」が発生するのを未然に防ぐ。

発注側と受注側の両方に書面で聞き取り、報告書をまとめる。対象はおよそ10万社の見込み。取引価格への価格転嫁の拒否が疑われる場合は立ち入り調査をする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません