/

自民党四役とは 総裁に代わり党運営主導

きょうのことば

▼自民党四役 自民党の要職である幹事長、総務会長、政調会長、選挙対策委員長の総称。与党であれば総裁は首相として政権運営にあたるため、四役が党運営の中心となり、ナンバー2の幹事長が実質的に取り仕切る。人事は総裁が交代する場合や組閣、内閣改造などにあわせて実施し、派閥のバランスに配慮して配置することも多い。

幹事長は党則で「総裁を補佐し、党務を執行する」と役割が明示されている。党の資金の使途や人事、選挙の公認などに影響力を持つ。人脈を広げたり党所属議員との関係を深めたりして求心力拡大に生かせるポストでもある。総務会長は党の最高意思決定機関の総務会を取り仕切る役目を負う。政調会長は党の政策立案の責任者で、政府の法案などを国会提出前に審査する政務調査会をまとめる。

国政選挙や知事選の候補者調整にあたる選対委員長は2007年に選挙対策総局長から格上げで新設した。その前は「党三役」と呼ばれていたのが「四役」に増えた。野党時代に選挙対策局長に変わったが、自民党が政権復帰した12年に再び戻った。かつて幹事長、総務会長、政調会長の三役に参院議員会長を加えて「党四役」と呼んだ時期もあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン