/

この記事は会員限定です

老朽火力トラブル、リスク露呈 1日から全国で節電要請

[有料会員限定]

経済産業省は東京電力ホールディングス(HD)管内で27日から続いた電力不足による「需給逼迫注意報」を30日午後6時で解除した。補修していた発電所が順次動き出し、電力供給に余裕がでる。一方で再稼働した古い火力発電所では30日にトラブルが起きた。老朽設備はリスクも大きく、構造的な供給力確保の議論を急ぐ必要がある。

27日からの注意報はいったん終わった。ただ、30日は老朽火力に頼る電力供給の危うさがあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

電力不足

電力需給の逼迫で夏と冬の電力不足が懸念されています。最新ニュースや解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン