/

この記事は会員限定です

2回接種完了、64歳以下は8月末で2割視野

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの過去最大の感染拡大局面で、現役世代へのワクチン接種の加速がより欠かせなくなってきた。重症者の中心は高齢者から40~50歳代にシフトしている。8月下旬までに64歳以下で2回目を打てる人は2割ほどの見込みで、菅義偉首相は30日「40~50歳代と若い世代の接種に注力する」と強調した。政府は英アストラゼネカ製ワクチンを公的接種の対象に加え選択肢を広げる。

首相官邸の集計を分析すると、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン